入学案内!アサンプション大学

こんにちわ。ひろトリップです。

今回の入学案内はアサンプション大学

(アサンプション大学のホームページより)

私立のカトリック系の学校です。お金持ちが通ってるイメージのお坊ちゃま、お嬢様学校ですね。

しかし、意外にも規律に厳しく、制服の乱れは許されないようです。(校門でチェックがあるそうですよ。。)

また、いろいろな国に姉妹校があるようなので交換留学が簡単にできそうですね!

キャンパスは学科によって分かれていますが、ほとんどの学科はスワンナプーム空港の近くのキャンパスのようです。

大学によれば40%がタイの生徒で残り60%が留学生になっており、交換留学生もたくさん受け入れているようです。

日本人も多いって聞いたことがあります。

特質すべき点は何と言っても、パイロットコースと飛行機のメンテナンスエンジニアコースがあることです。

学費はべらぼうに高いですが。。

パイロットコースは四年で330万バーツ(約1,000万円)。。

自分も一度アプライしに行った事があるので(BBAです。)、入学の流れはある程度分かります。

まず、選択できるコースを見てみましょう。

Martin de Tours School of Management and Economics

 ABAC School of Arts

ABAC School of Music

 ABAC School of Nursing Science (BNS)

 ABAC School of Science and Technology

 ABAC School of Engineering

 Albert Laurence School of Communication Arts

 ABAC School of Biotechnology

 Montfort del Rosario School of Architecture and Design

 ABAC School of Law (LL.B.)

たくさんありますね。

入学資格は、

高校を卒業していること。(12年間の教育を受けていること。)

次のいずれかを保有していること。

– TOEFL   60 (iBT) / 500 (pBT) 以上

– IELTS   オーバーオールで5.0 以上(2年以内に取得)

– SAT 1 (数学) 500 以上

– SAT 1 (Writing)  500 以上

※保有していれば入学テストが免除されるみたいですので、持っていなくてもテストを受ければ入れると思います。要相談です。

テストに通らなくてもファンダメーションクラスを2カ月半受講すれば入学できるようです。

その他、アーティスト系の学科はインタビューやオーディションなんかがあったりします。

スケージュールは1学期が8月から12月、2学期が1月から5月で、サマーセミスターが6、7月です。

願書の受付期間は特にないようですが、少なくともセミスターの3ヵ月前にオンラインで申込むか、直で大学に行けば行きましょう。(もし成績が基準を満たしていない場合、事前クラスに通わなければならないため。) 日本国内でビザを取っていくならば、学校のビザレターの作成、郵送期間が必要なため出来るだけ早めに行動したほうがいいでしょう。

自分はバンコクにいたので、直接大学に行きました。

書類提出時に英語の資格とかを持ってなかったら、その場でテストを受けるようです。

次は、

必要書類です。

・写真(3cm×4cm) 2枚

・高校の卒業証明書(英語、日本語)

・高校の成績証明書(英語、日本語)

・IELTS、SATなどの成績を証明する書類

・パスポートのコピー

・オンラインで申込まれた方はそれをプリントアウトして持参

※高校の卒業証明書と成績証明書は英語と日本語の両方用意した方がいいです。自分は英語しか用意してなかったので日本から送ってもらうはめになりました。(どうせ読めないのに。という憤りがありましたが。)

願書を出すときに60US$の手数料が必要です。

それとは別に1,000US$がビザレターのデポジットとして必要です。

直接大学に申し込みに行かれる方は、ランカムヘンのHuaMakキャンパスで受け付けています。

場所はこちら。

ほとんどのコースが勉強するスワンナプームキャンパスはこちら。

バンコク中心街から離れていて勉強に集中できる環境ですよ!

次は住居探しですね。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

??????? ????????

ご質問はこちらからどーぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク