なぜバンコク留学なのか??②

こんにちわ。ひろトリップです。

今回は、『なぜバンコク留学なのか??②』の

『学習コストと生活コスト』を考察していきます。

どれぐらいの費用がかかるかは親御さんにとって大事な要素ですよね。

もしバンコク留学が高いなら、アメリカやカナダ留学の方が良いに決まってますしね。

比較対象は、日本の国立大学、カナダのバンクーバーへの留学(2016年留学先ランキング1位のため)にしたいと思います。

まず、①日本の国立大学

地域によって差があると思いますので、日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査」が出している”下宿、アパートその他”の金額を参考にしたいと思います。

年間支出

学費 623,700円(学費、交通費など)

生活費 1,090,900円(家賃、食費その他すべてを含む)

合計 1,714,600円

四年間合計 6,858,400円

高いですねーー。私立になると1,000万円ぐらいになるようですよ。。。

次に②バンクーバー留学

バンクーバーアイランド大学にカルキュレーターがあったのでそれを参考に計算。

学科はビジネスコースを選択。

学費 $17,354

生活費 月$1,403×12ヵ月=$16,836

(キャンパス外の住居で試算。 ホームステイにしたら月$200ぐらい安くなります。)

合計 $34,190 × 90 円 = 3,077,100円

※為替はここ10年は80円から100円で推移している中央値の90円を採用しています。

四年間合計 12,308,400円

うーん。日本の国立大の二倍ですね。

最後に、③バンコク留学。

学費は金額はチュラーロンコーン大学のサイトより。(ビジネス学科を選択)

学費 123,000Baht

生活費 月25,000Bath ×12ヵ月=300,000Bath

合計 423,000Bath ×3.03=1,281,690円

(今日のレートで計算しています。)

四年間合計 5,126,760円

高めに試算していますね。 実際は年間100万円ぐらいで学費、生活費は賄えると思います。

また、タイの大学は頑張れば3年で卒業出来ますので、1年間分の費用と時間を節約することが可能です!

感覚的に日本の二分の一ぐらいでしょうかね。

いかがでしたでしょうか??

どこで大学に進学しても高いのは変わりありませんが、バンコク留学はバンクーバー留学の40%のコストしかかかりません。

費用対効果を考えると良い選択肢に入ると思います。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックしてください。

??????? ????????

ご質問があれば、こちらからどーぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク