市場で買った魚介で料理しよう!

こんにちわ。ひろトリップです。

今日は、前回紹介した市場で買った直材がどんな料理に変身したのかみなさんとシェアさせてもらいますね。久しぶりのバンコクキッチンです。

バンコクキッチンの記事で書いてたようにわたしのアパートには備え付けのキッチンがありません。タイのアパートはほとんどがそうだと思います。(屋台で買った方が安いしね。)

買いそろえたIHヒーター、トースターと炊飯ジャーの三種の神器で調理します。

まずは、100Bで大量購入したマテ貝からです。

すごい量のマテ貝!!!30枚あります。

袋に入っていて、買うときに想像してなかった量だったのでびっくりしました。

一番簡単な食べ方、一番おいしい食べ方はやはり素材の味をいかしたこの食べ方じゃないでしょうか?注)マテ貝は念のため砂抜きをしました。基本的にはマテ貝はアサリと違って塩抜きは必要ないようですが。塩水入れて新聞紙で暗闇にして4時間ほど冷蔵庫に入れてます。

トースターで焼いて、タイのレモン『マナウ』を絞って少しのお醤油と一緒にいただきました。

見た目はちょっとグロい?ですが抜群においしいです。最高のビールのおつまみですね。

これだけじゃなかなか全部消費できなかったので、翌日お味噌汁にもいれたし、ちゃんぽんの出汁としても使いました。ちゃんぽんは魚介の出汁がでてとってもおいしかったです!

次にイカです!

イカは内臓取って半分は冷凍し、半分のイカはパスタに使うことに!

新鮮なイカだと捌く時に吸盤が手にくっついて離れません!

イカとなすのペペロンチーノ

採れたての新鮮なイカはプリップリしており、その濃厚で新鮮なイカのエキスとガーリックで風味つけられたオイルを吸ったナスはまるで地中海を思わせる味わいでした。(ここバンコクだけど)

でとても美味しかったです!


【QUOINEX】アジア圏最大級のビットコイン取引所!

次にパックで売っていた30Bの牡蠣です。

生で食べるのはこわいので、台湾のB級料理『オアチェン』を作ってみました。

卵と片栗粉を使ってオムレツ風に焼いていくんですが、片栗粉のもちっとした食感とジューシーな牡蠣を甘辛いタレでいただきます。初めて自分で作ったんですが、予想以上の美味しさです!

翌日の朝は牡蠣のお好み焼きを作りました。朝からちょっと重たいですね。

ごはんとお味噌汁もあるので、お好み焼き定食ですね!

牡蠣をお好み焼きに使うってなんとも贅沢な気がしますが、岡山ではカキオコは岡山っ子のソウルフードらしいですね!



最後に一番楽しみにしていたホタテです。

こちらも下処理が必要です。(内臓の処理はきちんとしてね!貝ひもは美味しいから捨てないでね!)

1日目はシンプルにバター焼きでいただきます!

この時にパンがあると溶けたバターとホタテの出汁ともにいただけます。

もう気分はプロヴァンスの風みたいな感じになります。(ここバンコクだけど)

ガーリックトーストとともにいただきました~。

こちらのカリカリサクサクなガーリックトーストもお手製です。

2日目もトースターを使ってホタテを焼きました~

2日間存分に魚介を堪能しました!

これで150バーツとは。日本食屋さんなんか行けませんね。

今回は、貝ばっかり買ってしまったので次回は魚に挑戦したいと思います。

ランキングに参加しています!クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

インスタ始めました!厳選写真をアップします!フォローお願いしまっす!



ご質問はこちらからどーぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク